森川光郎代表について

桔槹吟社代表 森川 光郎

 

 略歴

1926年福島県須賀川市生れ

1950年「桔槹」入会

1955年「鹿火屋」入会

1960年「雲母」入会

1974年より「桔槹」編集長を経て

1986年より「桔槹吟社」代表

1986年鹿火屋賞受賞

1996年~1998年福島県文学賞選考委員

2006年~2018年福島民友新聞俳壇選者

元俳人協会福鳥県支部長

句集に『春耕』『須賀川』『遊水地』

『自註現代俳句シリーズ1215 森川光郎集』

 句文集に『須賀川俳句散歩』などがある


代表句

  

水引やたつぷりと水吸ひし山

金木犀ふりむく季節来てをりぬ

耕すと阿武隈川を渡りけり

トンネルに耳のつまりし帰省かな

電柱の影一本の暑さかな   

夕芒ならびてどれも影持たず

かたまつて山茶花の眼が街にあり

ぶるぶると日は入りながら五月の谷

シリウスの青のからまる女の指

 むづかしき本の入口余寒空